2020年10月20日

ハンケチ

毎日鬼滅の刃の再放送に感涙して心忙しく過ごしている。ついに今週は劇場に足を運ぶことが決定し、おそらく腰が抜けるほど泣く。厚手のハンケチを準備したが足りないだろう。

わくわくが止まらない。。。
posted by ゆりか at 13:35| Comment(0) | 日記

2020年10月18日

省エネ継続中

昨晩自主練習と稽古も省エネで行いました。省エネと聞くと、本当はもっとできるんだかあえてやらない、とも捉えられるが、省エネだからこそ実現できる脱力を感じている。

私の場合はヤル気が空回りしやすいので、省エネ位でちょうどいい。自主練習も、いかに疲れず動けるかを模索してみると、自然に力が抜けている。ヤル気がありすぎると、力を抜くために力を使う、という矛盾が生じる。

組手は省エネプラス、導く際には「呼び込む」を意識してやりました。できるだけ相手の動きを引き出してついていき、相手の動きに応じて崩しや打撃をする。うまくいくとこれもかなりの省エネになります。自分主体ではなく相手主体なので、気持ちも肉体も楽。ただレベルが近いか、自分より上の人には全く通用しないのがタマに傷。その際はひたすら力を抜いて体に経験を刻みます。

お腹すきました。今晩も美味しいもの食べるぞ〜\(^o^)/
posted by ゆりか at 15:40| Comment(0) | 日記

2020年10月17日

超省エネ

先日の稽古前自主練習では、超省エネを心がけた。少し筋肉疲労が残っていたから、体をいたわっての理由からだ。

超省エネで八卦掌や空法、自由舞をした。撮影して確認したら、なかなかいい。ここまでの省エネの動きはこれまでできなかった。これなら九十才でもできる。九十才でもできる動きこそ、生涯高められる動きだ。より力みも少なく作為がなく、自然だった。

楽をしようと心底望んでみる。これもまたいとをかしかりけれ。
posted by ゆりか at 10:49| Comment(0) | 日記

2020年10月16日

伊之助鍵

現在再放送中の鬼滅の刃にて、推しキャラの伊之助がようやく出てきた記念にキーホルダーを購入しました。かわいすぎる・・・改めて、いいアニメです。涙なしには見れません(*T^T)

オープニングの歌詞の中に「強くなれる理由を知った」とありますが、これ、とても共感します。人生のなかで「自分が強くならないとどうにもならない」という経験を何度もしてきました。今思うと、それが稽古のモチベーションの1つになっています。誰かと比較した強さではなく、己である強さは高まりつつあります。そんなことを思い出させてくれました。

猪突猛進!猪突猛進!(※伊之助の口癖)♪ヾ(●´∀`●)ノ

20201016_152648.jpg

posted by ゆりか at 15:40| Comment(0) | 日記

2020年10月15日

静寂

無事に指導が終了。いつも以上に、静寂の体でできました。やはり先日書いた潜在肉体のようなものを感じる。日頃認識する体や鏡に写る見た目の奥底に、深遠なる静寂の肉体があり、それこそが本質だと。太極拳なり空体道なり脱力でいい動きができているときは、その本質が働いているように感じる。そこに委ねるほどすべてがうまく行くし、委ねるから力まない。

主観であり妄想ではありますが、以前にはなかった感覚の出現は面白い。
posted by ゆりか at 17:18| Comment(0) | 日記