2020年10月14日

覚醒の弊害

日々の修練の成果で、時おり動きが覚醒する。日常動作や仕事先にて、重さの流れが止まらないせいで意図せずに能力を発揮して周囲を驚かせる機会が増えている。

瞬間的に、ドラゴンボールでいうところの金髪サイヤ人に、鬼滅の刃でいうところの顔面にアザが出現する状態になるようだ。

弊害もあり、愛するソニカちゃんのドアを強く閉じすぎていると夫さまからたしなめられた。大好きな愛車に度々平手打ちを食らわしているようなものだ。まだコントロールしきれない覚醒の兆し。注意が必要です。

反省m(_ _;m)三(m;_ _)m
posted by ゆりか at 13:42| Comment(0) | 日記