2020年10月15日

静寂

無事に指導が終了。いつも以上に、静寂の体でできました。やはり先日書いた潜在肉体のようなものを感じる。日頃認識する体や鏡に写る見た目の奥底に、深遠なる静寂の肉体があり、それこそが本質だと。太極拳なり空体道なり脱力でいい動きができているときは、その本質が働いているように感じる。そこに委ねるほどすべてがうまく行くし、委ねるから力まない。

主観であり妄想ではありますが、以前にはなかった感覚の出現は面白い。
posted by ゆりか at 17:18| Comment(0) | 日記

ああ緊張

月に1度の太極拳レッスン。普段の施設レッスンよりも代表の築き上げた武術理論、脱力理論を伝える場だ(と勝手に身構える)。対人稽古がないぶん、見せる動きも口にする言葉も慎重になる。

代表の教えをいつわりなく伝えたい思いが指導の緊張を呼び起こす。先日書いた「こうありたい理想の設定」への囚われからくる力みですな。

そんな内面を否定せずただ見つめます。

よし。
posted by ゆりか at 13:18| Comment(0) | 日記