2020年12月20日

代表の円転太極拳

代表による円転太極拳。昨晩も拝見しましたが、体の重みが百キロ位体重のある人のそれに見えます。全身の統一と重力との調和がそうさせるのです。脱力が全身に均一に通ってさらに洗練されていくと、脱力は見た目の奥深くに内包され、硬質化して行く。体験すると、実際に触れた箇所に感じる重さの質もより硬質感を増しています。昨晩も稽古のなかで説明しながら腕を拳で軽く打たれましたが、太い鉄の棒で殴られたような感触です。脱力のもたらす効果は想像を超えます。
posted by ゆりか at 16:01| Comment(0) | 日記

2020年12月19日

乗りきる立禅

今晩の自主練習のテーマは、片足に乗りきる立禅(前後法か前進後退歩になるかな)にします。昨晩家庭内にて代表から、極端なまでに片足に乗りきる体から発する重さとそうでない重さとの違いを体験させてもらいました。

代表ですら乗りきると1・5倍位増す。立つ精度が劣る私のほうがより違いが出るのかもしれない。
posted by ゆりか at 17:17| Comment(0) | 日記

想い出のブラックサンダー

太極拳の全国一位を目指して修行に明け暮れていた頃、とてもお金がない時期を数年間過ごした。(※結局は2位が最高成績で卒業)これも夢の実現のためと、あらゆる苦難をナルシスティックな喜びに変換する稀有な性分なため、充実した日々を過ごしていた。

そんな貧乏生活のなか、唯一の贅沢はごくたまに練習帰りに買うブラックサンダーチョコだった。30円代で真の喜びが買えた。ごくごくたまにLAWSONのからあげくんレッド(200円)を買うときは、かなりのお祝いごと。

先ほど牛丼屋(牛丼頭大盛&豚汁セット600円相当)を出て、ブラックサンダーアイスとセブンイレブンの高級コーヒーのLサイズ(計400円程)を躊躇いなく購入しながら、そんなことを思い出していた。出世したな、あたし・・・

どこまでも安上がりな女です

嗚呼至福( ̄ー ̄)

さあ自主練習だあー!
posted by ゆりか at 16:48| Comment(0) | 日記

2020年12月18日

アニソンと重さ組手

アニメ、ケンガンアシュラの闘技者全員の入場曲アルバムが素晴らしすぎて代表共々、毎日毎日繰り返し聞き入っております。何度聞いても魂が熱くなります。くぉ〜(//∇//)

先日の稽古では、代表から味わう揺るぎない立つ力をマネッコして組手に臨みました。いつもより足の裏に重さが落ち続けたままでいられるよう。女性会員さんからは「いつもより重い〜」と言われたので、力み混じりの可能性大ですがそれなりに重さで動けたよう。

重さがある状態で組手をして、相手の攻撃に反応が遅れるようなら力みすぎ。今回はいつもレベルでは反応できていたので悪くないかなと。

重さのある状態を自ら認識している場合、大抵は力みを伴うので自由攻防の中では変化できなくなる可能性があるのです。だから時間をかけて普通に戦闘技術を身に付けながら脱力を深めていかないと、使える重さにはならない。

さー本日も願拳試合、いや、レッスンいきますよー!

たくさんあるお気に入りの曲の中から一曲をご紹介します。

https://youtu.be/Cp7HxuJGqz0

posted by ゆりか at 09:37| Comment(0) | 日記

2020年12月16日

自由舞

今日の自主練習は自由舞を中心にやる予定。脱力により立つ、歩くことを高めながら、それがより自由な動きのなかでも消えないように。なかに少し打つ、蹴る動きを入れます。立つ、歩く、回転する、打つ、蹴る、足払いする、投げる、崩す、全てが動きのなかに自然に溶け込んでいくように。接近した状態で打撃を避ける際によく使う肘の変化や顔や腹の前を丸く払う動きも何となく入れるようにしています。より自然にあらゆる動きが内包されていくように。

避けることも、打つことも、崩すことも、動くことそのものがもっと体にとって当たり前の変化になっていくことが脱力を日常化させることに繋がる。

さて今日も札幌は寒いですがレッスンへゴーーーーー(⌒0⌒)/~~
posted by ゆりか at 13:13| Comment(0) | 日記