2020年12月29日

止まる意義

止まる意義を改めて感じる。精神的な話ではなく、体として止まる練習のことだ。これまで脱力によって「自然に動き続ける体」の方にばかり想いが行って、立禅なり前進歩・後退歩のなかでの静止状態を動きの対極ととらえていた。でも完全なる静止が重力との調和をより強くもたらし、全身の通りを強化すると理解すると、動きよりも止まること(立つこと)が先にあり、その延長が動きだと理解できるようになった。言葉では知っていたけど体が理解すると大きく質が変わるもので、本日のレッスンでも太極拳の中での立つ質がまるで変わったために動き方がいつもと全く違った。

これはすごい。代表と空体道が教えてくれたこの気づき、年末年始も大事に育てようと思います。
posted by ゆりか at 18:35| Comment(0) | 日記

脳の排泄力

大分脳みそも体も緩んできた。緩んだ証しは色々なことを飲み込めること。飲み込むことと割りきることは似ていて、飲み込めずに割りきりもできない物事はわだかまり沈殿するが、それがあまりないのを感じる。沈殿の表現だけで生きてきた昔とは別の世界だ。

体も頭も、排泄力・包容力を増している。ひとえに脱力のお陰。

何があろうがなかろうが今、脱力する。その繰り返しで生きる日々は何とも清々しい。

さあレッスンいきますよー!
posted by ゆりか at 13:41| Comment(0) | 日記