2022年03月07日

皮ごと喰らう

果実や野菜は皮ごと頂くのが好きで、武術の学びもそう考えている。食べにくい、口触りの悪い部分はどんな武術にもあるが、良いところだけを喰らったところでその武術そのものは身に付かないと思うのだ。

空体道で言えば旨味は年齢、性別を超えた強大な重さや安定を高め続けられること、運動能力に関わらず誰でも取り組めること。

味わいにくい皮の部分は、脱力し続ける根気と継続力、度々己の非力さと向き合い続けなければならないこと。手っ取り早い達成を得ようとした瞬間に、確実に力む。目の前の成果が望ましくなくとも、脱力から逸れてはいけない。が、成果が欲しくなるのが人情。この苦しみは不定期に襲ってくる。※私の厄介な性格のため

ただいまちょっぴり苦しみ期。が、苦しもうがなんだろうが練習や稽古を続けているうち回復する。回復する頃にはまたちょっぴり成長して重さや安定が高まっている。

その繰り返しだ。

今晩も渋皮を咀嚼しつつ自主練習と稽古に励みます。
posted by ゆりか at 10:15| Comment(0) | 日記