2022年03月25日

それもよし

武術のスポーツ競技化については、古今東西様々な議論がある。私はどっちもよし派なのだが、熱い議論が起こるのは武術にルールを設けるのが本来的に困難だからだろう。でも安全で公平な客観的優劣判断基準をつけるにはルールが絶対必要で、そのルール次第では武術を総合的な戦闘技術と捉える場合は元の姿から離れていくこともある。

私はスポーツ武術も経験したからその大変さも身に染みているし、あれはあれでいい経験だった。

武術の型を演じるスポーツ、一定の外形の基準を設けて是非をつける試験の形態もありだし、一定条件で技を磨くのも一定条件で戦うのもあり。ある制約をつけるからこそ磨けるものもあるし、そのお陰で武術愛好者は広い意味で増えた。

それはそれでよしとして、自分が武術に求めていたもの、代表に会って直感的にこれだと感じたものが、より具体化し身についてきている、生活全般・人生全般にいい影響をもたらしてくれているのが何より嬉しいし、確かな自信になっている。

本日も真摯に取り組みます。
posted by ゆりか at 09:24| Comment(0) | 日記