2022年05月16日

野獣多数

土曜の稽古では、先週取り組んできた足裏に落ちる感じのまま対練、組手を行いました。自分なりに感触は悪くない。足裏に意識があっても以前ほど足が力まないのと、無意識に相手にとらわれ前傾するのを予防してくれるため重さが伝わりやすい。

代表からも重さが増しているとの評価。

ところで会員の皆様の組手の積極性が増している。積極性を別の言葉で表すと野獣性 (笑)

質を高めながら戦闘技術を増すのが理想だが、質にこだわりすぎると消極的になる。多少荒くても、形が崩れていても、打つ、蹴る、投げる、崩す、様々な攻撃とそれへの反撃を経験する(上級者相手には特に)のが大事。本人に怪我のリスクがある場合は加減するよう言いますが、怪我しない範囲なら野獣を出すのもよしです。

私もですが、人は大抵内面に野獣性を持っています。動きでちょこちょこ解放していれば暴走しないしいつか調和する。調和する頃にはもっともっと力が抜けて戦闘技術も質も高まる。私自身、皆さんの野獣と対応して勉強になっています。ちなみに私も己の野獣とまだまだ調和しきっておりません笑
結構な猛獣がおります笑

がお〜(`□´)
posted by ゆりか at 08:51| Comment(0) | 日記