2022年06月19日

ぐにゃぐにゃではなく

昨晩の稽古でも力を抜いて全体が動く、全体がうまく動かないうちは大きく動き、次第に小さい動きでも全体が動くようになるほど見た目に関係なく巨大な重さが使える、という教えを頂きました。

全体が動く、というのがうまくできなくて、動かそうとするほどぐにゃぐにゃと体が変形する時期がありました。体が柔らかいのが仇となり、まとまりとは程遠く。練習により少しずつ、少しずつそれ改善してきて、歩行法や立禅を増やしてから一気に解消されたと思います。

体格差を埋めるのがどんなに困難かは身に染みています。ぐにゃぐにゃでは絶対に体格差のある相手に技はかからない。多少まとまっている今でさえ、強い抵抗には体がまとまりきらないのもわかる。均一なまとまりになれば抵抗で変形することはなくなるはず。どこかまとまりが弱いところがあるから小さな水漏れから決壊するように変形するんだな。

均一なまとまりは脱力が進めてくれる。ぐにゃぐにゃの脱力ではなく均一なまとまりになるには重力と調和した立ち方を強化していく。

練習あるのみ。今日はお仕事三昧ですが、お仕事中も脱力脱力です。




posted by ゆりか at 08:09| Comment(0) | 日記