2022年08月10日

順番ではなく

昨晩の太極拳レッスンでは、全身の連動が外見にわかりやすい動物の形(健身八式)を最初に行いました。太極拳ではまっすぐ立って動くので全身の連動は内包される。戦いにおいて、相手に動きの流れが見えるのは良くないので、護身術としても連動はいずれ内包されることが望ましい。

が、時おり大きく体を動かしてみると、内面の連動の段階が見えやすいので確認も含めて行った。全身の連動は、どこからどこへの順番ではなく、全体で同時に発生する。久々に自分のこういう動きを鏡で見たが、以前より確かに全体が同時に動いている。

体は全体でひとつだと見るからにわかる。

おもしろし。
posted by ゆりか at 13:50| Comment(0) | 日記