2022年09月08日

弱者のための

わけあって左足首を軽く捻挫しました。一日は腫れましたが日に日に引いて今はほぼ普通の動きは問題なく。怪我はあまりしないので新鮮に毎日を取り組んでいましたが、まっすぐ立つ、重さで立ち歩く動作では捻挫当初から全く痛みが出ない。ややこしい動きの時だけ角度により痛む。

ま、怪我の仕方にもよるでしょうが、空体道自主練習では全然支障がない。控えめにしてましたけどね。

ありがたいことに心身の不調はあまりないので試しにくいのですが、多少なりとも体調が違うときは色々試しています。結論としてやはり、力を抜く、重力と調和するのが一番楽でいつでもできる深めかただと理解する。

より老化が進んでも、病を得ても不具合が出ても、空体道とは一生付き合える自信がある。付き合うだけでなく深める自信がある。

いみじくも代表が先日話してくれた。空体道は弱者のための武術だと。強いものが強くなる方法はたくさんある。が、弱者のための方法はそう多くないと私は経験により知っている。だからこそ価値がわかる。

今ある自分は絶対ではないし今の自分にあるもろさの可能性も理解している。どんなに弱ろうが追求できる道があるのは何よりの希望。

無理ない範囲で自主練習&稽古します!
posted by ゆりか at 18:06| Comment(0) | 日記