2017年04月15日

動きと質

私の担当レッスンでは、武術や格闘に縁のなかった方が多くいる。なので対人練習においての、そもそもの前提が理解できないことも多かった。前提が理解できないと、どう構えるとか、どう向き合うとか、どう打つ、避ける、などでつまづいてしまうため、基本的な練習も難解に感じることも多かったようだ。

様々な対人練習を経て、全体的に会員さんがいい意味で変わってきている。こうして動けるようになってくると、質について、気付きや理解が出てくる。

練精会では、はじめから質についての理解と練習を求める。なので動き自体が大変な人には、質の理解に到達するまで多くの時間がかかる場合もある。

でも動けるようになってきたとき、(始めから動ける人は最初からわかるのだが)この「質」の教えの大切さがわかるんだな。

質が変われば、技は自然と出来てくる。でも技を当たり前にできなければ、そもそも質の意味がわからない。質がわかると、技は執着するべきものでないとわかる。動きの質を高めることが、武術において、生きるにおいて大切と理解すると、取り組み方が変わってくる。

今思えばあんなに無知で無理解だった自分にも、はじめから高度なことを教え、それを続けてくれていた代表に、今更ながら猛省しつつ、余りある感謝を抱いている。


。。。先生!色々すんまそーん。。。m(_ _;)mと、過去の記憶に対して謝るとともに、そのお礼として美味しくて健康的なご飯をもっと作らなければと思うのです(笑)
posted by ゆりか at 13:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: