2017年10月11日

転べばいい

組手の練習で様々な形で投げや崩しをかけられて、予期せぬ形で転ぶことに慣れてくると、転ぶのが不安でなくなるらしい。

凍結路面で転んだらどうしよう、めまいがして転んだらどうしよう、人前で転んだらどうしよう、等という思いは、減少または消滅する。

転んだら転んだとき。安全に受け身をとってくれるはずの体を信頼できる。

失敗は失敗でなくなる。不安が不安でなくなる。

さー、今日も楽しくうごこー♪ヽ(´▽`)/
posted by ゆりか at 09:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: