2017年10月17日

声が強くなる

今年に入って一人でカラオケに行く機会が増えた。友人や母親とも楽しむが、一人で近所のカラオケに行き、みっちり練習するのもなかなかよいのです。

私が高校生の頃はカラオケ全盛期で、友人としょっちゅう行っては歌っており、校内カラオケ大会ですごく上手い友人と組んで勝ち抜き、優勝したこともある。20代30代とわき目もふらずに突っ走ってきて、久々に歌うと喉が窮屈に感じた。ゆっくり時間をかけて、回数を重ねて歌っていくうち、喉周りの筋肉がほぐれ、また強くなってきているのを感じる。代表から超難関の課題曲を出されているのも功を奏している(笑)課された曲に求められる広い音域と高速リズムは自分では開発できないものだった。

仕事柄人前で声を出すことが多いので、この効果は役だっている。

動くための全身の筋肉は日頃からゆるめ、また活性化している。喉もゆるめて活性化するには、よく使用することですな。身体もそうだが「たまに練習する」「たまに動く」だけでは身体は変わらない。日頃からよく動かし、ゆるめ、使用するともなく使用することで質が変わる。歌っている時も前進は空体道の教え通り力を抜いて自由な状態が調子いい。

近所にカラオケがあるところに住んでいてよかった〜〜〜♪(笑)
posted by ゆりか at 21:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: