2017年10月28日

空体道

先のブログにも書いたが、今回気づいた感覚と頂戴している教えの中に、空体道の思想が含まれているのだなと思った。

相手に、対象物に囚われない
自分の思考に囚われない
自分自身でいる
一番いい状態でい続ける

私がさっき書いた感覚が本当の意味で体現できたら、きっとこんな状態で組手や対練ができるのだと思う。

先生も言うように、空体道の目指す境地には終わりがないから、そう感じられたとしてもまだ不十分さと次へのステップがあるのもわかる。でも、今まで得たことのない静かで安らかな自然な心身と、そこから生まれる動きが、今体現できないレベルのより効果的な動きの質をもたらすのだろう。

前にブログにも書いたが、空体道の自由舞をしているとき、私の内面は他のどんな時間よりも安らか。それがそのまま対人で活かせたとき、まだ一人ではできない潜在的重さが体現できるんだろなー。

空体道という武道の名前が示してくれる通りですね。

本当にこの武道が好きだ。

明日は市民講座の研修の一部でこの空体道のミニ講座をさせてもらう。色々指導案を考えてもみたけど、結局日々レッスンで、指導で、自主練習で、生活のなかで取り組んでいる私自身が出るのみ。あまり決めてかからず、のびのびやらせていただこう。

明日の朝は、今日帰りに買ったお赤飯を食べよう食べよう♪ヽ(´▽`)/最近お赤飯が好きなのです。早く朝にならないかなー
posted by ゆりか at 21:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: