2017年11月13日

力を抜く

これまで何年もかけ、日々力を抜くことに取り組んできて、何度か劇的に力が抜ける実感が訪れたのを記憶している。

力が抜ける前に、これまで動いていなかったところが「動く」という実感がくる

動くようになったら、その周辺がズルッと下に落ちる感じがする

周囲と連結・連動する感じが出る

やがてそれが消える

これを、身体中のいろんなところに感じた。今の私の力の抜け加減では、まだまだ全身が強力にまとまり、抜けてるのに固くなる段階ではない。だから重さの発現も、ごく中途半端。

全身の力が、少しずつ全体として抜けかけてきている、でも動くとばらけたり、詰まったりする。

全身の力が均一に抜け、稽古のなかである程度どんなときでもそれが途切れなくなると、先生に一歩近づける。組手の技術などはその過程でゆっくり身に付けていく。

力が抜けた上に、全体として動けるよう。どうしても相手と接触する腕が意識過剰になるのを止められない。わかっちゃいるけど、やめられないんだなー。
posted by ゆりか at 21:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: