2017年12月05日

重さと腕

練習を続けて少しずつ「重さ」が生まれてきた頃を思い出す。

重さは腕自体でも足自体でもなく、体幹部を中心とした全身から生まれる。

重さで立つことを学ぶため、平行立ちや前後立ちで体や腕を押される練習がある。重さで立てるとある程度圧力をかけられても致命的な崩れ方をしないで立っていられる。※段階が進むと押したら跳ね返される、強大な重さのまとまりになる

このとき、体は立っていられても腕が負けることがよくあった。

正面から、胸前あたりに構えた腕を押されると、体は持っていかれなくても腕が耐えられない。これは腕や肩の力が抜けきらず、全身の均一性が低いために起こる。

でも結果を焦る私は、腕や肩の筋肉が強ければ、今ある重さとバランスがとれるのになぁと本質からぶれたことを思ったものだ。

欲にまみれて何度も道を踏み外しかけては代表に救出され、狭き道を歩み続けて今、微弱ながらある程度の全身の均一さがある。体の重さと腕の重さも前よりはバランスがいい。

腕を鍛えるでも肩を鍛えるでもなく、力を抜き続け、全身の動きと重さを養ってきた。

でも今個人的な課題として行っているサンドバッグ練習において、肩・腕が重さと衝撃に耐えきれず、微妙に打ち方が変形する。やはり体の重さと物理的に脆弱な腕のバランスが悪い。

以前とはまた別の段階で均一性が悪い。

見本に代表がサンドバッグを軽く打つと、ピザ生地のごとく打点がつぶれて戻ってこない。あんなに柔らかかったっけ?と自分で打つと、サンドバッグではなく自分が変形するのを自覚する。サンドバッグがピザ生地になるのはまだまだ先になりそうです。。。
posted by ゆりか at 13:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: