2018年01月12日

相手の全身を

過去に一時期代表からこう指導してもらっていたことがある。私なりの言葉で置き換えると、重さを伝える際に「相手の全身を覆う」ようなイメージを持って動くと。

それが今少しだけわかるようになった。昨晩女性の茶帯会員さんとこの練習をしました。はじめはかなり全身を密着させた方がわかるので、女性同士で身体を密着し、抱きしめるような押し倒すような態勢で柔らかく動くと、自分の動く重さと相手の身体が一体となり、こちらは崩すともなく、相手は抗いがたく態勢が崩される。ここまで密着すると手足の力はほぼ使えないので、純粋に重さの感覚の習得につながる。

その感覚を残したまま距離をとって腕と腕だけを触れ合わせて重さを伝えると、自分の身体が相手より先に大きく動くことも、逆につっぱることも無く、自然と相手と同調しながら動けるので、自然と重さが伝わり、崩すことが出来る。相手より先に動いていないので、相手がもし崩れなかった場合でも、そこから手の位置を少し変えるとか、打撃を交えるとか、更なる変化がスムーズに出来る。自由な組手ではなくあくまでも限定条件の環境で、ですが、今ようやくそんな調和的な動き方をほんの少し体感しています。

本当に重さを用いる身体は柔らかく、自然で、ぶつからず、調和的で流れのあるものなのだなと思う。さて、本日は太極拳からスタート!一人で動く形練習でも、調和的な動きができますように。
posted by ゆりか at 08:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: