2018年02月15日

全体

若かりし頃によく、自分の性格に偏りを感じていた。反省や改善を必要とするものなのではとも思っていた。

武術を学び、体と心に向き合う日々を過ごし、偏りと思ってきたものが、対極にある一方だと気がついた。一方だけ見ているとわからない全体があると思うようになった。

体にはあらゆる方向、流れ、動きが内包され、内面もそうなのだと。

一面だけを見て改善するより、全体を見て感じてみることが大切。

体と心において、私と私でないものにおいて、様々なことにそう思う。

考えるより、まずただ全体を見て感じる。

好きも嫌いも包括した「あるじゃん」がそこにある。あるじゃん=自然なんだろな。

さて、今日も今日の全体を味わおう\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: