2018年04月03日

変形を知ること

力を抜くことで変形することを知るのも大切。体を3分割に簡略化すると、腕がまず最初に抜けてきて、その次に体幹部、最後に下半身が抜けてくる。そのそれぞれは、力んでいるほど決まった動きしかできない。

座っているときでも寝ているときでもいいが、頭の重さや腕の重さに従って前方や横方向や斜めへ変形してみる。グニャリと、ドロリと変形する。

立ってみてそれをやると足がついてくる。時には足をドロリとうごかしそれについてくる全身を味わう。そうこうしているうちに全身は流体的に柔らかくなり、そのまま自由舞を行う。徐々に内面の動きを残したまま外面のうごきはコンパクトへ移行する。

最近寝るときによくこれをしている。本を読んだままやっているときもある。

柔らかな体は気持ちがいい(*´∀`)♪

さて今日も朝から晩までレッスンです。柔らかく1日すごそう\(^^)/
posted by ゆりか at 08:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: