2018年04月13日

左少し改善

一月ほど前に、力まない体の安定を検証する崩しあい練習をし、左足を前にした態勢が、逆よりも弱いことが判明した。あれからずっと左半身をゆるめるよう心がけ続けて、左足の接地感を増してきた。

昨晩稽古の前にまた崩しあいをしてもらうと、一月前より重さが安定していると検証できた。ただ、ある一定の方向に弱いのもわかったので、今度はピンポイントでその方向にかなり強く力を加えてもらい、感覚を検証。ピッコロ大魔王が口から卵を産むときのごとく嗚咽が漏れますが、よく理解できました。

やはり腰のゆるみだ。どちらの足を前にするかにより、私の場合ゆるみ方=安定性にかなり差があった。

左右差を改善しつつ、さらに緩めていこう。

中国武術では緩めることを放鬆(ファンソン)と言うが、音の響きだけで力が抜けそうですね。ついでに鼻の穴を広げたくなるのは私だけでしょうか(^oo^)
posted by ゆりか at 09:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: