2018年04月15日

ダイダラボッチ

今朝書いたブログ内容を組手稽古でも少しだけ試しました。2秒くらいだけいい感じの動きがありましたが、課題もわかりました。

流体的な動きのなかで、動きの流体と、重さの流体は少し違うということ。重さで動く、重さの流れと言葉では学んで知っているつもりでしたが、重さの流れにはなりきっていなかった。

今回のダイダラボッチ受け身の感覚は、その兆しのように思います。いつものように代表の技を繰り返し受けても、息があがらない。これはより力が抜けた証だ。

これを大切に育てます(*´∀`)(*´∀`)
posted by ゆりか at 13:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: