2018年04月17日

変化と重さの自然融合

重さによる動き

について改めて思う。練精会の動きは、拳種に関わらず重さが動きや力の源になる。力が抜けた体には重さが備わり、重さをきっかけに動き、触れた相手にはその重さが打撃や崩しの技の威力として伝わる。

その威力は相手が耐えるほど継続的に加わり続ける。

重さによる動きは継続する。対人練習にしろ、形練習にしろ、自由舞にしろ、力みが残っているほど動きが要所要所に停止または停滞し角がでる。

この「重さの継続」については、屈強な相手に抵抗された際に、ぶつかる前に変化することをまずは高めていく。継続させようと「思って」やると、そこに居着きが生まれ、経験ではその瞬間に打たれたり投げ返されたりする。

それを高めていくなかで、相手の動きを停止させていく重さの伝わり方が自然発生し、それがより強力になるほど日頃代表が私たちに示してくれる段階へ向かう。

継続する自然発生の重さにより相手の動きが停止する、一瞬でも一秒でも停止する、それが今の課題なのだと思う。あのダイダラボッチ感覚がそこへの道筋だ。

ずっと教わっているのに、体の理解に時間がかかってしまい、代表には申し訳なく思います(m--)m


変化と重さの自然融合へ向けて、代表化へ向けて、今日も元気にレッスンダァー\(^o^)/
posted by ゆりか at 10:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: