2018年04月17日

骨盤溶かして

先日ある教室で取り入れた練習。体育座りから、骨盤をグニャリと溶かすようイメージして軽く変形し、その流れに沿って畳へ体を預ける。

後ろへ、横へ、斜め後ろへ。慣れてきたら座り方を変えて、前方向へもグニャリと体を伏してゆく。

さらに慣れてきたら、逆に伏して起き上がるまでの動作も骨盤を溶かした流れに乗るようイメージ。

さらに慣れたら立った状態から、また立ち上がるまでを流れに乗る。全身のトロトロの重みを、変形させると畳へと倒れて行き、倒れた状態から起き上がるには、重さを足の裏へと移動させることで全身は「立ちあがる」というか「下から積み上がる」ように立ち上がってゆく。

そのまま続けて下方向への崩し技対練を行うと、重さの流れが体に残っているため、うまくいく。また受け手も重さの受け身をしているので、いざ技をかける際にそのまま動けば重さが伴う。

教えている我ながら、皆さんの動きが良すぎて感心しました。そこでまた確信。

立ち上がる、受け身をとる、寝る、座る、醤油をとる、歯磨きをする、すべての動きが重さになったとき、私の今の課題が克服できるな。

今日レッスンにまつわるなにかの作業をしている時、グラリと重さで体が動いたのを感じました。あれがあれですよ。うん、あれあれ。あ、オーディオいじってるときだ。うんうん(*゜∀゜)*。_。)*゜∀゜)*。_。)

おし、本日ラストレッスンも力抜くぞ〜い((o( ̄ー ̄)o))
posted by ゆりか at 19:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: