2018年05月15日

空法の循環

空体道の型には空法と自由舞がある。空法は12種の単式練習を繰り返して行う。

単式練習の繰り返しにより、動きの癖を改善していき、護身術に必要な技術を動きのエッセンスとして身につけ、対人練習で自在な応用を学ぶ。

この繰り返しにより、体には流れが生まれ、またそれは循環する。虚実陰陽の変化で、前があれば後ろがあり、上があれば下があり、右があれば左がある。相対する方向はすべてを内包し、刻一刻変化する。それが攻防一体の、全身による豊富な技の変化につながる。

循環に身を任せて動く時間は、瞑想のごとき静けさをもたらす。空法は技術を学び、動きの質を高めると同時に、護身術に必要な静かな精神状態をも導く型となる。

私の名前はゆりかだが、内面はしずかが望ましい。しずかちゃんて名前、似合うかな((o( ̄ー ̄)o))

川村しずか( ´∀`)川村しづか、「づ」もいいですね

ステキ
posted by ゆりか at 10:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: