2018年05月16日

目的を忘れてただやる

体の力が抜けるよう、様々な試行錯誤をする。肉体で、意識で、視覚で、人の力を借りて、様々な方法で力を抜くということを体で理解していく。

最近レッスンで行っているのは、組手の前段階の、崩されあい。2、3人ずつのグループに分かれて体のどこでもいいのでゆっくり柔らかく押す。崩し技のようにやってもいいし、ただ押すだけでもいい。押された人はその圧に全く抵抗せず、全身で圧通りに体を崩し、下が畳ならばそのまま転がる。起き上がって誰かを押したり、立ってる同士で押したり引いたり、グラングランゴロンゴロンしているうち、大抵皆さんヘラヘラし始める(笑)

そうなるとさらに力が抜ける。

はた目にはヤバい集団ですが、これが重さの流れを知り、相手の攻撃に合わせて変化する体につながる。また、受け身に慣れていない人は安全な受け身を習得する。

という目的があるのですが、ヘラヘラの皆さんはただその時間を楽しんでいるよう。それでいいのです( ´∀`)

先生がよく言うように、結果はあとからついてくる。過程を楽しみ、目的を忘れてヘラヘラする。

そのうちに体は根本から変わるんだな。

素晴らしすぎる((o( ̄ー ̄)o))
posted by ゆりか at 09:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: