2018年06月01日

もっと戯れる

杖と一体になりたいあまりに、昨晩は指導の前に一人で杖を抱えて畳の上をゴロゴロしていました。生命力に溢れた子犬と「アハハハ!こらこらくすぐったいくすぐったい!よーし!いい子だ!」と戯れるが如く、杖の重さによってゴロゴロする。※勿論声には出してません(^^;

思えば体に関して、こんなに戯れたことがあったろうか。腕の重さ、全身の重さによって動かされることはしていたが、ここまで心を解放して体に向き合っていなかったかもしれない。うちの武術で言えば、体は意識の従属者ではなく、もっと主体的になるべき。杖は体以外のものだから、こうして真摯に向き合っているんだろう。改めて、体についてももっと「こうしよう」ではなく戯れるように接してあげるべきなのではと反省。

格技室の片隅で、私が一人でニヤニヤしながら動いていたら、己と全力で戯れているのだと、そっとしておいてやってください。見た目はヤバいですが、人様に害は加えません

アハハハ!こらこら、よーし!いい子だパトラッシュ!※パトラッシュ=自分

posted by ゆりか at 08:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: