2018年06月15日

とらわれない心と体

本日は空体道講座の最終回。テーマは「脱力により、とらわれない心と体」です。

毎回のテーマは、企画の段階に代表からアイディアを頂き、つけています。

武術を学んでいると、自分の中の対抗心や敵対心に気づかされることがよくある。若い頃はそれがわからず、自分は平和的な人間と勘違いし、なにか人間関係にトラブルが出たときは、何故相手がそんなことをするのかと考えていました。

でも今思えば、トラブルの原因は私にもあり、無意識のわだかまりや執着や劣等感が身を守るために対抗心や敵対心として人に不快感を与えていた可能性があると理解できます。

身を守るには、相手からよりまずは自分が自分を大切にできること。その先にトラブルを避けることも含めて、実際に攻撃をされたさいの有効な対処技術があるのだと考えます。

危険から身を守る「絶対有効」な方法などなくて、状況は刻一刻と変化する。でもさまざまな可能性に対応できる柔軟な心身を養っていれば、対処の引き出しは増えるのです。

戦い方も学びつつ、戦わない選択もでき、願わくば危険から事前に身を遠ざけられる生活ができればと、理想論ですが思い描きます。

さてまずは太極拳レッスン!皆さん今日もよろしくです\(^o^)
posted by ゆりか at 09:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: