2018年07月13日

講座タイトル

冬の空体道講座も決定しました。ありがたいこってす(^∧^)

講座の確定企画書をこれから作成するのですが、全5回の各回タイトルはいつも代表に案を出してもらいます。大抵は代表がゆったりしているときにお願いし、ランダムに今浮かぶ言葉を言ってもらい、それを書き留める。ある程度たまったら、そこから私が抽出し並べかえてタイトルをつける。こうすると、常に最新の教えが講座に反映されるのです。

確定企画書を提出してから実際の講座が開始するまでには数ヶ月期間があるので、その間にコツコツ稽古を続け、講座開始の時期に養われている体がそのタイトルを解釈し、広げ、深め、伝えやすく組み立てる。企画書を書いた時点では理解できなかったことがタイトルに集約されていて、いざ講座開始の時期になり私自身が「こういうことだったのか」と改めて意味深さを味わうのです。

いつも受講者が集まる30分前にホワイトボードにタイトルを書き出し、そこから具体的な練習内容案を産み出すの時間が楽しい。体内の蛇口をひねり、溢れてくる日頃の稽古の断片が、キラキラと輝きひとりでに整列していくんだなー

さて、今晩も稽古です♪ヾ(●´∀`●)ノ
posted by ゆりか at 17:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: