2018年08月31日

fever

カラオケでジャズとアニソンを歌うのが趣味なのですが。最近練習中のペギー・リーのfeverは、個人的には年を重ねたライブの歌唱が好み。カラオケで歌うとき、この下向きの指パッチンと、人生の全てを見極めたような目付きを真似したくなる。カッコいい〜( 〃▽〃)

ジャズをかっこよく歌うため、脱力の声出しと体内リズムを体に通し続け、アニソンでは、angelaというユニットの超絶難曲を通じて、可能性を模索。

芸事は歳を重ねて進化し続けられるのが面白い。

https://youtu.be/xHXg2J6-XYE




posted by ゆりか at 22:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: