2018年09月25日

心猿意馬

全身の連動や動きや形について、意識でそうする教えと無意識にそうなる教えがある。

段階を経て、意識から無意識へ、作為から自然へと向かう。

気功のなかで「心猿意馬」という表現があるが、心や意は猿や馬の如くせわしない。心や意により身体に働きかけるのも大事だが、そもそもせわしない心や意がリーダーなのはいかがなものか。

心や意を超えた静寂のなかで、重さや重力や床の反作用や相手への対応などを体そのものが行う。私たちはそれを邪魔しない、という教えがしっくりくる。

さて、おサルとオウマを鎮めて午後レッスンです。身体を邪魔しないようシズシズやってきます。

帰宅したら夕飯は野菜スープカレー((o(^∇^)o))
posted by ゆりか at 13:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: