2018年09月28日

通らないを知る

KIMG0195.JPGKIMG0197.JPG空体道の教えてくれる「通る体」を獲得するためには、「通らない」という実感、経験がある程度必要になる。

抵抗する相手に対して重さを伝える、力まない体で触れて押す、引く、回すなど動きを継続すると、力んだ詰まりのある部位がよく実感できる。人によっては、詰まりのあるところと、反対に動きすぎて重さが漏れるところがはっきりしてくる。

水の通るホースの途中が詰まっていたり、穴が開いている状態だ。

その綻びを実感し心を込めて練習するほど、それが改善してきたときよくわかる。

前より通っている、の繰り返しで改善し続ける。

通るを学ぶには、通らないを知ること。

力むうちはノビノビとその力みを満喫し、通ってきたらその成長に存分に満足する。自らの酸いも甘いも苦いもすべてが旨味ですがな。

うちの白い妖精(高齢)も、人生の喜びを味わい尽くしているようです。
posted by ゆりか at 13:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: