2018年10月29日

流れ

空法を学ぶようになり、動きの流れ、体の流れ、意識の流れ、「流れ」ということがより体感できるようになってきた。

空法は循環の動きなので、切れ目のない、始まりも終わりもない流れがよくわかる。型で養うそれが対人稽古に活きてくる。

流れは外側で理解し、次第に内面へ向かう。内面に流れが止まらなくなると、見た目には止まっていても流れがあり、そんな体からは体重分の、あるいはそれ以上の重さが触れたところに宿る。

肉体と意識は相関し、意識の流れを止めるのは思考や記憶や感情だ。

自我の強すぎる自分の記憶をふと思い出すと、穴に隠れたい気持ちになるが、その恥ずかしさも流れ行く。今目の前にある現実をありがたく味わい、流れに委ねて生きていこう。

昔迷惑をかけた皆さんへ、ご免なさい。すべてを水に流してチョンマゲ(丿 ̄ο ̄)丿ジャー
posted by ゆりか at 10:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: