2018年10月31日

危険が近寄らない

20180617_163523.jpgKIMG0236.JPGハロウィーンにちなみ、こんな可愛らしいチョコを頂きました。丸いシルエットは代表を彷彿とさせ、親しみがあります。

日頃の美味しい頂き物は写真とる間もなく胃袋へインすることも多く。いつもありがとうございます。腹から厚く御礼申し上げます。

空体道の循環する動きに身を委ねていると、ゆりかごに寝かされる赤子のように安らかになる。

心の安らかさが体の緊張を解きほぐし、重力との調和をもたらしてくれる。

安らかで柔らかな体は外的刺激を受容する。すべてを飲み込みあるがままに気にしない心身は調和している。

護身術の技術はある程度以上学んでいるし、今後もずっと組手を含めて対人稽古を深めていく。この先に訪れるかもしれないある光景を、ふと想像する。

本当に命の危険にさらされたとき、ゆりかごに揺られる眠りかけの赤ん坊のような心持ちでいられたら、もう技術を使うまでもなく、命を落としてなお気にしないのかも、と。

またそこまでの域に到達するまで稽古を積んだなら、漫画や小説のごとく、すでに「危険が近寄ってこない」境地もあるのかもしれない。

マロン、いや、ロマンを感じますなぁ。

見果てぬ高みへむけて、また明日がそこへの一歩です。

ありがたく寝ましょう。
posted by ゆりか at 23:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: