2018年11月07日

ものたりないほど

力んだ動きから抜けてくる過程で、一時期

ものたりない

と感じることがある。以前はこんなにたくさん動いていたのに、これしか動かなくていいの?と、呆れるほどなにもしない感じだ。

それを経ると、見た目には小さな動きだが内面が滞りないので、重さが十分通ってくる。

ものたりなかった小さな動きに含まれる内側の流れをより繊細に感じられるとまた新たな快さが出てくる。

最近また動きがちがう感じで気持ちいい。午後レッスンもありがたく動きます。
posted by ゆりか at 13:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: