2019年02月28日

螺旋丸

最近漫画ナルトを読んでいたので、レッスンでは予定を変更して丹田功を中心にやりました。

ナルトが螺旋丸を体得する三段階は、重さを効率よく拳に集める、空法の打撃練習に通ずるものを感じました。

一方向に回転する流れから、多方向への回転による爆発力、それが成熟して全てが均一になると球になり、思う方向へ集中した威力がだせる。

私は近年この多方向性に気がついたばかりで、それを集約するには全然至っていません。

最近改良された突きの基本法は、それを開発するのに最高で、やり過ぎて腹部から背部と足の裏にに筋肉疲労を抱えています。

高齢者むけレッスンでは、螺旋は強調せず、力まない膨張と収縮と呼吸を合わせました。

呼吸が楽になったとよろこばれました。排泄系統の筋力も上がります。

本日これからのカイロでも、螺旋丸、いや、丹田が開発されます。

まずはおいしいお昼御飯だー
posted by ゆりか at 11:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: