2019年03月13日

なついてみる

練精会で組手を学びはじめ、掌打を用いたり、手を絡めて相手の攻撃を封じながらの接近戦の攻防や、打撃と投げ、崩しの連続的な変化をする動きは慣れるのに時間がかかった。

どうしても距離をとろうとしてしまうし、投げられまいと踏ん張り、踏ん張るうちに打撃でやられる等々「もぐらたたき」のようにあれが立てばこれが立たずだった。

あるとき、相手にもっと「なついてみよう」と心がけてみた。すると変に距離が離れないし、相手に合わせた変化ができるし、手をからめて掌打を当てるのもしやすくなった。

今でもたまに「なついてみよう」と思って組手に臨む。相手がどんなに拒絶しようともなつき続ける。投げられても叩かれてもフラれてもなおなつく。思春期の実らない片想いのごとく甘酸っぱく。

家庭内組手&崩しあいでは目一杯これをやり、目一杯ぶん投げられています。全力で技や重さを受けられるので、かえって受けたままを身に付けられるのだと代表にも評価されます。

みんなでなつこう〜
posted by ゆりか at 09:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: