2019年03月27日

映画ダンサー

リュック・ベッソン監督の映画「ダンサー」は繰り返し見ているお気に入り。

耳は聞こえるが声を出すことができない主人公の女性は、踊ることが何よりの楽しみ。差別や苦難にも遭い、貧しいながらも兄弟二人で仲良く暮らし、その中である機械の研究者と出会い、表現の幅を広げていく。

この監督独特のスピード感と小気味いいリズム感、作中に出てくる音楽が全て好きなジャンルのこともあり、何度見ても楽しい。

午前レッスン終えて五味さんでたぬきとじ食べてきました。

口に残るたぬきとじ味と共に、動ける幸せを噛み締めて午後レッスンも行って参ります。
posted by ゆりか at 11:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: