2019年05月22日

てへ

重さを力に変えるには、重力と調和する必要がある。私たちの肉体は、自由意思により思い通りに動かせる稼働性を備える反面、生活の中で無理な癖をつけやすい。

目に見えない重力は無視してひたすらにがんばる動きは、無理がかかる。

重力と調和する体は落ちる。全身が落ちると、体はまっすぐになる。バラバラに萎えると、変形する。

落ちることも、重さの力も、そうなったときにそうなるのであり、作ろうとすると間違う。落とすのでなく「落ちる」、重さを力として出すのでなく「出る」のが望ましい。

落ちる体を養おう、重さを出そうと頑張っていたことにあるとき気づいた。

落ちる
出る

出ちゃった
技がかかっちゃった
動けちゃった
てへ
(*´∀`)

が望ましい。

本日も

てへ
(*´∀`)

と生きます。
posted by ゆりか at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: