2019年07月10日

根底に

力が抜けると体は常に重力に引かれているのが感じられる。前に動こうが引こうが押そうが回転しようが、重力は常に私たちを真下へ引いている。

根底にはいつも真下がある。

心の根底にはいつも静寂がある。ざわざわするのは表面であり、根底は静かである。

気持ちが揺れ動いたときにはそれを自覚し、この静寂に戻るよう働きかける。

今は重力も静寂も帰るべきところであっていつもいられるわけではないが、いつか体は重力に、心は静寂に常に満たされる境地が得られるかもしれない。

常に今を省みることで私の老後が豊かになる、ハズ。

本日も太極拳から開始です!
posted by ゆりか at 09:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: