2019年08月19日

閉じるから見える

一つの道を歩みながら歳を重ねていくと、以前はあった可能性の扉が閉じていくのを感じる。

どんな可能性が閉じるかは、その人それぞれの生き方により違うけど、確実に閉じていくものが沢山あった。

はじめは戸惑ったが、それらが閉じたからこそ見えてくる別世界の存在を今知っている。

横に拡大しようとしていた若かりし頃と比して、今は下に伸びていく根のような気がする。

もしかしたらだが、いつか下に伸びていくことすらなくなり、そこにあるがままでいる境地もある気がする。動かずとも無限な境地。

拡大から深化、深化から静止。一見小さくなるが内面は拡張し続ける。

動きにも、精神にも生き方にもそう感じる。

とっても曖昧な内容になりました(^^)
posted by ゆりか at 10:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: