2019年08月20日

力みと重さ

空体道では力まない重さの質を養うが、力んだ体にも力がある。技を練習するとき、技の方向性がある程度正しければ、力んだ方が威力を感じるし達成感もある。

同様に、踏ん張るのと重さによる安定も混同しがち。投げられまいとする踏ん張りと、重さで安定して投げられないのは違う。

いずれにせよ、威力や効き目や崩されない「結果」で判断すると質を誤る。そこに可変性があるかどうか、また、体が楽に、相手にも楽に技がかかるかどうかも判断材料になる。

が、力みが慢性化していると「楽な動き」に鈍くなるのと、受け手が力む体だと、かける方がちゃんと重さで動いても、自らの力みでダメージを倍増することがあるから結構難しい。

一筋縄でいかないから楽しいですね(^○^)

いつでも繊細に体と体で対話を重ねること。自分とも相手とも。

さあて、雨がすごすぎて、車からレッスン会場までどうやって移動するべい(;゜∇゜)

意を決して走るしかないんですけどね。。。
posted by ゆりか at 13:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: