2019年08月28日

想像もつかない

あるジャズピアニストの年を重ねての演奏を聞くと、一瞬破綻しているようでもあり、けどすごく楽しそうで、聞いてるとすぐわかる深い世界があって、完全なる個性の表出で、曲自体は定番なのに演奏の数分は完全に音に飲み込まれた。

知り合いの高名な画家は、精密さや計算や技術を取っ払った、瞬間芸のような絵を描いてみたいと話す。

武道の究極がただ動く、とすると、先の二人の成熟した芸道と通じて、うまくあることは全く不要になるんだろう。

うまさの次元が変わると言ってもいいのかな。

代表の技も、多分素人目には昔の方がわかりやすい。僭越ながら、私の競技選手時代の動きも、素人目には今より当時が良く見えると思う。

でも、衰えない重さの体を磨きあげた代表の今のシンプルな動きが、どれだけ察知しにくい、また強烈な威力を備え、かつ本人がいたって楽であることは十分承知している。私の武術の総合力も、過去の比ではない。

うまさとか、すごさとか、わかりやすい結果を経て、だんだん何か別の次元が出てくるのだ。例えとして私も入れたが、いつか目指す立場として恐縮ながら同列に置く。

少し前に、失うから得る、というブログを書いたが、それとも通じる。

今目指しているもの、または過去に目指していたもの、得たものは、非常に不確定で小さい。ただただコツコツ歩み続ける先に、今は想像もつかない果てしない次元があるのだと、あるジャズピアニストの演奏を聞いてまた思った。※山下洋輔のことでした。筒井康隆つながりで。

こうしてテクテク武道を歩んで、死ぬまでにどうなっているのかと思うと、死ぬ日が楽しみでもある。トンデモばあさんになってるのかな。

明日も死ぬのに1日近づくぞ〜!よぉ〜し!!
posted by ゆりか at 23:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: