2019年10月02日

立つことに内包

立つことに全てが内包される。体の緊張と萎え、歪みと重心、全身のバランスの癖が立つことに表れる。

下半身が力んで上半身と分断して立つ人は、型でも対練でも体がバラける。

肩が力んで重心が上がる立ち方をする人は、腕力で技をかける傾向にある。

全身が力んで立つ人は、対練においてフリーズしやすい。

私は肩の内旋が強く、かつ腰の緊張が強いタイプだった。強い力みと萎えが共存してバラバラだった。

安定しながらも変化できる全身の動きは、立ち方から養う。空体道の空法は勿論、その前の操身法は何をしているときも立禅である。立つ力なしには動けない。

さて、本日から新たなレッスンがまた開始です。

まずは太極拳から\(^o^)/
posted by ゆりか at 09:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: