2019年10月09日

形意拳

代表について最初に学んだのは形意拳だった。その後八卦掌、太極拳、空体道を学んだが、中で一番苦戦したのが形意拳。太極拳と八卦に通ずると感じる「自動感・導かれ感」が形意拳にはなかなか感じられず、すごく考えないと動けなかった。空体道はこの導かれ感をより深めてくれる。

最近たまに思い出してやってみると、昔やりづらさを感じていたところが平気になっている。体の質が変わったのがよくわかる。

打つ動きに含まれる、前進と着地とコン歩(引き寄せる足)、虚歩の歩型で終わる一連の動作が、以前よりスムーズに収束する。重さで動くと体はどこから始まるともなく全体で動く。重い推進力と打撃力を備え且つ居着かない自在な体を養ってくれるんだな。

ふむ

空体道を通じてまた形意拳の良さがわかるな。
posted by ゆりか at 13:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: