2019年10月20日

鋼鉄と感じ方

今朝の稽古にて。いつものように代表に組手で胸を借ります。数秒に一度の頻度で打たれ、崩されるのですが、その一触ごとがいつにも増して痛い。

打撃は当て止め、崩しは受け身を取りやすく流れでしてもらっていますが、足を踏む、手で触れる、軽く足払い、全てが鋼鉄のごとき圧と密度に感じます。

後で聞くと、

より楽にやったんだ〜

と、つややかな顔でのたまわれます。いつもよりこちらに付き合わずマイペースに動いたのだと察しますが、何かと痛い(  ̄▽ ̄;)

ただ、痛みについて感じ方が変わったのも自覚する。痛みに過剰反応せず

痛いなぁ

で終わるのが成長。怪我するような痛みではないのに、無駄に恐怖を増幅していた過去がある。

痛いなぁ
怖いなぁ



嬉しいなぁ
楽しいなぁ

も大して変わらないのだ。乗り越えも克服もしようとせず、ただそれでよい。

ふぉっふぉっふぉ
posted by ゆりか at 23:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: