2020年02月04日

勝手に出てくる

先日、病院での太極拳レッスン中になんとなくこう話した。

太極拳の型は、形が色々あるけど大切なのは形よりいかに自分の体から力が抜けているか。水の入った袋に針でプツッと穴を空けると水がピゅ〜っと流れ出るように、力が抜けると体は動きたいように動く。動きたいように動く結果が形になるから、はじめから形を作らないでね

と。最近の実感だ。動きや重さが勝手に流れ出るように脱力さえしたら、あとは体に任せる。止めるのをやめれば、出るのだ。

頭も体もからっぽでいると、停車中に体が何かの動きをしている。特に内容を検討していたわけではないが、あ、今日レッスンでこれやろ!と決まる。またその場で体が別のことをやろうと言うかもしれないが、そのときはそのときで。

弟子入りした時から常々言われていた。アドリブを優先しろと。体が教えてくれるものを信じろと。今よくわかる。
posted by ゆりか at 13:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: