2020年02月04日

人知れず表現し続ける

NHKの番組で「人知れず表現し続ける者たち」というシリーズがある。たまたま第2回を見て衝撃を受け、先日第3回があったのを録画して見た。

知的障害や精神障害のある方々が、猛烈な創作意欲でとんでもなくエネルギッシュな作品(絵画等)を日々作り続けるのを紹介する。紹介といっても淡々と創作過程と作品を映しだすだけで、説明や解説がない分情報がそのまま入ってくる。

作品が収入源になっているのか、社会的に評価されているかどうかもわからない。ただただ彼らの本能と言えるほど根元的な創作に圧倒される。

彼らはあれをするために産まれたのだろうとしか思えない。そういうとこ、代表にも通じるし最近私もそうなりつつある。

我はこれをするのだ!

と、全細胞が言ってるんだろうなあ。

かっけ〜

さて、私も細胞の求めるままレッスンしてきます!
posted by ゆりか at 19:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: