2020年04月25日

凌駕する瞬間

立禅と歩行練習。んー、やはり気持ちがいい。体の密度が増していくのがわかる。時間をかけて練習し、そこから体勢を変えたときに特にわかる密度。立つ力が残っているので体勢を変えたときにほんの数秒動きづらさがある、あれがたまらない。なんというか、ああいう練習をしている時間的密度が、過去の人生を上回るとそこからが武道の体の始まりなんだな。一瞬だけ、武道の体が普通の体を凌駕している瞬間があの動きにくさなのです。

算数で習う大なり小なりのマークが段々と武道の体の方へ向きつつある。

お、我がもんちゃん(もも)が誘いに来ました。お散歩行って参ります!
20200425_145737.jpg
posted by ゆりか at 15:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: