2020年07月28日

思いを越えて

最近のレッスンでは、開始15分ほどでだらりと脱力の重さが増してくる。腕や胸や背中、そこよりは脱力加減が劣るが腰や足がだらりと重くなる。

「体が思い通りになる」を越えて脱力する。思い自体が力みを生む可能性をはらむので、思いを越えた重さが素敵に愉快だ。

思いより重い、がいい。

やだあ、なんかいい感じに文が収まったわあ。思いを越えて指が動きましたな。さすがあたしの親指。
posted by ゆりか at 13:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: